« 手術成功 | トップページ | 明日立浪引退試合 »

2010年2月26日 (金曜日)

豊田社長 アメリカ議会 公聴会へ

TOYOTA車の相次ぐ品質問題で豊田章男社長がアメリカ議会 下院監視・政府改革委員会の公聴会に出席した。出席義務のない中、経営トップが証人として訪米したことで、この問題は終息していけばいいのだが、肝心な質問に対しては答えていない。補償などで軽はずみな返答ができないので(特にアメリカなので)仕方がないが一部議員には更に不信感が高まり攻勢を仕掛けてくるかもしれない。

では、海外現地生産の車の品質がどうなのかはわからないが、国内生産のトヨタ車の品質は非常に高いレベルを維持しており新型プリウスなどのブレーキに関してもブレーキの効き・性能は今までも車種によってさまざまであるしその車の特性を知った上で運転すべきで強く踏めば全く問題ないはずである。しかし旧型と比べると制動距離が若干伸びているということとクレームが多いこと・実際事故を起こした人がいるということでリコールに踏み切った。このリコールは他の事案と違い部品の不良品があるということではなく、トヨタ車の品質が悪いということではない。(まあ性能も品質だけど)

自動車部品製造メーカーに勤める者から言うと、品質管理はしっかりしておりトヨタはどのメーカーよりも品質にはうるさい(厳しい)メーカーだ。

日本製の部品で製造している国内製造のトヨタ車は問題なく安心して乗れる車だし、また他メーカーに比べ故障も少なく故障時のディーラーの対応もいいことで有名。

これから海外生産工場に日本の本社が現地・現物・現認し早急にお得意の改善をすることでこの問題が早く終息しトヨタには復活してほしい。

|

« 手術成功 | トップページ | 明日立浪引退試合 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 豊田社長 アメリカ議会 公聴会へ:

« 手術成功 | トップページ | 明日立浪引退試合 »