« 金沢へ | トップページ | 立浪パーティー »

2009年1月 2日 (金曜日)

地球が静止する日

映画 地球が静止する日を観てきた。

感想は・・・。イマイチ。期待はずれかな。オリジナルの地球の静止する日を観てないのでなんともいえないが、CG映像とか技術は新しいが古臭い感じがしたのはやはりリメイクだからか。

以下ネタばれ。

宇宙人であるクラトゥは、地球を(自然を)破壊する人間はもう救いようがないと判断し地球を救うために人間を滅ぼすとクールに判断し行動するが、血のつながらない母子の愛をみてまだ望みがある。人間は変われるかもと考えを改めるという内容だったがあまり人間ドラマがなく単調。人間側の指導者はアメリカの一大臣のみで大統領も他国の指導者も現れず全人類対宇宙人ではなくアメリカ大臣・アメリカ軍対宇宙人クラトゥの構図でそんな中クラトゥを逃がした科学者母子の愛だけ。あとは説教ぽく?これ以上の環境破壊は人類自滅だとありふれた内容。まだインディペンデンス・デイのが楽しめたかな。(これは娯楽映画だが)

|

« 金沢へ | トップページ | 立浪パーティー »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地球が静止する日:

« 金沢へ | トップページ | 立浪パーティー »