« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月17日 (土曜日)

天野喜孝来場展

今日アスナル金山にて天野先生の来場展があった。

サイン会では今回は似顔絵にしてもらった。風邪を引いているとの情報があったが今年は調子がいいようでどのサインも書き込みが細かく構図もいいものが多かった。

ポスターカラーペンではなくダマートグラフだったことも良かった。

Img010 似てはいないが(天野先生はかっこよく、女性なら美人に描いてくれるのでね

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月 5日 (月曜日)

立浪パーティー

年も明け1年1年がやけに早く感じるこの頃。(去年も似たようなこと書いたような・・・)

一昨日豊橋(ホテル日航豊橋)で行われた中日東三河後援会主催の新春ドラゴンズ 2500試合出場達成 立浪選手を囲んでというパーティに行ってきた。

Img_3050_1 内容はトーク、質問、握手会、チャリティーオークションで落札者のみサインとツーショット撮影だった。

持ち金がないので欲しい物は沢山あったが競り落とすことは出来なかった。

来年は最低10万円は持っていかなければ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 2日 (金曜日)

地球が静止する日

映画 地球が静止する日を観てきた。

感想は・・・。イマイチ。期待はずれかな。オリジナルの地球の静止する日を観てないのでなんともいえないが、CG映像とか技術は新しいが古臭い感じがしたのはやはりリメイクだからか。

以下ネタばれ。

宇宙人であるクラトゥは、地球を(自然を)破壊する人間はもう救いようがないと判断し地球を救うために人間を滅ぼすとクールに判断し行動するが、血のつながらない母子の愛をみてまだ望みがある。人間は変われるかもと考えを改めるという内容だったがあまり人間ドラマがなく単調。人間側の指導者はアメリカの一大臣のみで大統領も他国の指導者も現れず全人類対宇宙人ではなくアメリカ大臣・アメリカ軍対宇宙人クラトゥの構図でそんな中クラトゥを逃がした科学者母子の愛だけ。あとは説教ぽく?これ以上の環境破壊は人類自滅だとありふれた内容。まだインディペンデンス・デイのが楽しめたかな。(これは娯楽映画だが)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »