« 戸田恵梨香握手会 | トップページ | 金沢へ »

2008年12月22日 (月曜日)

なんといったらいいのだろう。ここのところ平常心ではいない。

母親の癌の再発などもあるのだろうが、先週戸田さんとお会いしてから頭の片隅からというより片隅どころではなくかなりのウエイトで彼女のことが頭から離れないでいる。

好きな女優さんではあったが会う以前はそんなことはなく、片隅にある程度でしかなかったのだが、もう一度(すぐにでも)会いたいという気持ちが日増しに強くなっている。

実際、先週は舞い上がっていたこともありじっくり見ることができなかったのだ。自分で言うのもなんだがシャイであり、また中学卒業してからは高校も男子校で男子社会で生きてきて女性にたいしては非常にあがってしまうのだ。綺麗な子だなというのは今までいなくもなかったが特に付き合ってみたいだとか好きになったこと、またすぐにでも会いたいと思ったことは過去には幼馴染で初恋の人以外はなかったからだ。親友にどうかと紹介されたことはあったが自分から話をすることはないし、またそこまでの気持ちにならず相手もそうだろうと勝手に思って連絡先や次に会う約束などせずその場で終わっている。

だから今まではドラゴンズの応援や天野氏などのことで頭がいっぱいであったのだが・・・。本来自分は凝り性でありはまるとトコトンはまる傾向にある。金銭的なこともあり(趣味にお金を懸けたい)恋人は欲しくてもつくるとそちらに100%いってしまうだろうとつくろうとはしなかった。考えないようにしていたと言ったほうがよいのかもしれない。

正月3日に豊橋で行われる立浪選手とのパーティー券を手に入れた。立浪選手は来年引退するそうだ。(そういう決意で望むと言う意味だと思いたい)本来の自分なら立浪選手に少しでも会いたい。沖縄キャンプにも行かなきゃと思うところだ。がしかしながら、(給料減って、母親の病気もあり)特別にそういう思いにならない。のにだ。FC(戸田恵梨香ファンクラブ)から舞台挨拶や今回のようなイベントの連絡がないか待ちわびている。今年夏少数の劇場で、闘茶と言う映画が公開された。順次全国ロードショーと言うことだったが中部(東海三県で)公開されてはいない模様。それが年末年始にかけ数日だけ金沢で公開されるという情報を知った。ここまで公開されていない映画がDVDで出る可能性が高くはないだろう。今回見逃すと見られないかもしれない。流星の絆が終わった今 年始に放送されるコード・ブルーの特番を除けば彼女の出演作は当分なくDVDとかで過去の作品を見るしかなくこの闘茶と言う映画が見たくて仕方がない。しかし金沢は東京に行くよりも時間や旅費が必要。また年末は忙しいし。諦めるしかないのかな。残念だ。

芸能人を追っかけしている人は沢山いるが今までは分からなかったが気持ちが分かる気がする。決して友達になったりとか深い関係になることはないのだろうが会えるだけでいい。少し時間でも同じ場所にいて同じ空気を吸って同じ時間を過ごすことが幸せなのだろう。実際自分もそうだから。しかしそれだけの感情なのかと言うと自分でも分からない。ただ会ったときのドキドキ感は随分と昔の話だが初恋のときのそれに似ている。というかもう結論は出ているが認めたくないだけだ。一目見たときに惚れたのだ。女優に恋したって意味がないことは分かっている。ただこういう感情は考えてまた論理的に無駄だと分かっていても自然発生的に生まれてしまう感情。握手会なんて行かないほうが良かったのかもしれない。

明日 母親の病状について医師から説明を受ける。内容はかなり深刻的なことだろう。それを言われて今のこの不安定な精神状態で普通にしていられるか心配だ。またそのことに頭の中がいっぱいになってくれたほうがいいのかもいいのだろう。

|

« 戸田恵梨香握手会 | トップページ | 金沢へ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« 戸田恵梨香握手会 | トップページ | 金沢へ »