« 暑いなあ | トップページ | 逆転に次ぐ逆転 »

2007年7月 2日 (月曜日)

久間防衛相発言

久間防衛大臣が「原爆投下はしょうがない・・・」発言でオオモメになっている。

この発言自体は被爆者配慮に欠ける問題発言なのだが、前後の発言内容をみればここまで大きくなるような発言なのか?というのが私の考え。

過ぎてしまった過去を掘り返していても仕方ない。これからのことを・・・という意図での発言ではないのか?

原爆投下は決して許されるものではない。しかし戦争なのだから、日本だってアジア諸国に悲惨な卑劣なことをしてきている。

原爆投下がなくても日本は確実に米に敗れていたが、結果として終戦が早まって北海道(北方領土を除く)を占領されずにすんだという久間発言は間違いではないのではないだろうか。

いつまでも広島・長崎への原爆投下を米に批判するのではなく核廃絶にむけ全世界に発信し続けることが大切なのである。

久間大臣がどのような意図で発言したのかを検証する必要があるのに、発言自体を誤解の招く発言だとか取り消しとか罷免だとか選挙のために騒ぎ立てる政治家やスキャンダル大好きの騒ぐだけして検証しない日本のマスコミが問題なのである。被爆被害者の皆さんはそれに踊らされる事無く冷静になって核廃絶のために運動していってほしいなあと思う。

ただこれが政府自民党の逆風になって参院選の過半数割れ大敗につながってくれれば、強行採決し続けるある意味独裁になりつつある安部政権を退陣に追い込める事が出来るかもしれないと期待せずにはいられない。

しかしまだ一ヶ月近くあるんだよなあ。忘れやすい国民性で結局地方や田舎は自民党に入れる人が多すぎる。今の参議院はチェック機関としての機能を全く果たしていない。参院だけでも絶対安定多数にだけはしてはならない。

しっかり考えて投票してほしいものだ。

|

« 暑いなあ | トップページ | 逆転に次ぐ逆転 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久間防衛相発言:

« 暑いなあ | トップページ | 逆転に次ぐ逆転 »