« 2006 日本シリーズ総括 | トップページ | 落合監督続投  »

2006年10月31日 (火曜日)

ナゴヤドーム外野席・応援について

ナゴヤドームの右翼にシーズン券があるので甲子園の阪神の応援のが迫力があるとよく言われますが甲子園の右翼席も応援団とシーズン席のみで一般販売は殆どなくナゴヤドームのがまだ一般販売が多いです。

甲子園が迫力あるのは内野席も応援しているからです。
ナゴヤドームも優勝がかかっていたり日本シリーズは内野席も応援しているので甲子園に負けていません。

これは中日ファンの気質であるかと思います。大事な試合は応援するんですから。

また立って応援しなくても座っていてもメガホン(応援バット)は叩けますし応援できます。ナゴヤ球場時代も立って応援はしてませんでしたし別に立っていなくても一体感ある応援は出来ると思います。

いつからか立って応援するのが普通になってしまいましたがドームが出来た当時も立って応援するのは9回裏(負けてるとき)と9回表(勝ってるとき)あと1人だったと記憶してます。

立って応援するのもいいですが、後ろに子供がいる場合は考え物です。皆が楽しく見やすく応援できるスタイルで盛り上がるのが一番だと思います。

|

« 2006 日本シリーズ総括 | トップページ | 落合監督続投  »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ナゴヤドーム外野席・応援について:

» 野球といえば甲子園 [スポーツ情報]
野球といえば甲子園こと阪神甲子園球場ですね。 阪神タイガースの本拠地として、春の選抜高等学校野球大会、夏の全国高等学校野球選手権大会で、全国的におなじみの球場です。 [続きを読む]

受信: 2006年11月 1日 (水曜日) 12時56分

« 2006 日本シリーズ総括 | トップページ | 落合監督続投  »