« 天野喜孝の版画の価値・アールビバンについて | トップページ | 甲子園観戦 »

2006年9月28日 (木曜日)

続アールビバン批判について

こっこが愛読していたとある天野関連HPにおいてアールビバンの批判があまりに目に余るのでコメントと管理者とメールのやり取りをした。おそらくこっこより頭がよく高学歴であろうが1つのことに知識が豊富で偏っている人は大概世間的にみると変わった人が多い。

また今の若者は年長者に対する礼儀がなっていない。僕らは1日1秒でも早く生まれた先輩は敬いなさいと教えられたものだが。

ここではそんな人たちについて書こうと思う。(注:その管理者のことだけを言っているのではない。)

何かというと論理で攻めてくるがその論理も見方が変われば随分違うというのがわかっていない場合が多い。また自分が詳しいが為に自分がすべて正しいと勘違いしている傾向が強い。そして1つの事に目が偏りがちで視野が狭く、普通の人と常識が違うというか一般人には理解に苦しむ場合が多い。

タイトルの件に戻るがそのHPの文を読んだ印象では、アールビバンは天野を版画界に発掘したという点を評価しているが、その他はほぼ全否定と読み取れる内容。普通の人が読むと管理者は天野作品は中古を購入していて展示会は見に行き質問するだけのヒヤカシに読み取れるであろう。一度ご覧下さい。

http://kenjiro.livedoor.biz/

その点を指摘したところ何度もメールのやり取りをした最後に自分も顧客で株主でもあると返事。それなら初めに言えや~!(怒)

コメント内容が変わってくるだろうが!回りくどいんだよね。

こっこもアールビバンについては100%満足しているわけではない。アートアドバイザー(販売員)の質についても知識に差がありすぎる。接客態度・マニュアル化された接客コメントなど。

しかしこんなものは何処の会社でも当てはまるのではないだろうか?車の販売店も似たようなものだ。

ああムカッとしたからいつもより更に乱文になっている。

ウパでも見て気分を癒してもらお-っと。

|

« 天野喜孝の版画の価値・アールビバンについて | トップページ | 甲子園観戦 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 続アールビバン批判について:

« 天野喜孝の版画の価値・アールビバンについて | トップページ | 甲子園観戦 »