« セ・リーグプレーオフ反対! | トップページ | 王ジャパン世界一! »

2006年3月14日 (火曜日)

WBCのあのジャッジは何!

WBC 2次リーグ 日本対米国でおこった疑惑のジャッジが問題となっております。明らかに米国びいきな判定ですが、ルール上ではあの場面は球審が判定する事らしい。

しかし日本で同様な事がおこれば審判員が協議し最終のジャッジが出ることが普通です。

どうしてあの場面で協議しないのでしょうか?どうやらWBCはマイナーリーグの審判員を使っているようです。ひいきとかよりも明らかに未熟で技術的な問題なのかも知れません。

王監督はしっかり抗議していましたが、試合放棄も持さない覚悟でぎりぎりまでやってほしかったですね。

日本代表は明日から連勝しこの屈辱を準決勝で晴らして日本に帰ってきてほしいです。

|

« セ・リーグプレーオフ反対! | トップページ | 王ジャパン世界一! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: WBCのあのジャッジは何!:

« セ・リーグプレーオフ反対! | トップページ | 王ジャパン世界一! »