« 荒川選手おめでとう | トップページ | 球春到来 »

2006年2月25日 (土曜日)

WEB BBSなどの安藤美姫選手への批判について

あるサイトの掲示板やアンケートなどで安藤美姫ちゃんの五輪代表選考についてトヨタの圧力とか真央ちゃん出したほうがとか言いたい放題書かれていますが、そういうことを言う人のほうが知性が低い日本の恥です。

GPシリーズの代表選考ポイントはダントツでしたし、真央ちゃんは代表資格がないのだから仕方ないのです。そもそも真央ちゃんをシニアのGPシリーズにはシニアのレベルの高さを教えるために出したのが予想以上の活躍をしてしまったからこんなことになってしまったのです。

以上から批判するなら日本スケート連盟・世界スケート連盟を批判しなさい。代表資格・選考方法などを。

また日本人はメダルを取るとちやほやし、取れないと非国民扱いするみたいなのは戦前・戦後ちっとも変わらないですね。マスコミも悪いのだがそれに踊るほうも悪いのである。

また4回転についてもSPの成績からのメダル獲得は無理なのだから跳んで正解だと思います。失敗したからとやかく批判するのは間違いです。

ただ安藤さんに一言苦言を呈するなら、発言には気をつけること(考えて発言しよう)と戦える状態で無いなら直前でもクワンのように辞退すべきだったと思います。
この経験を今後のスケート人生に生かしてほしいですね。

|

« 荒川選手おめでとう | トップページ | 球春到来 »

コメント

TBさせていただきました。kokkoさんのおっしゃること、ワタシも「あぁその通り!」とおもいます。浅田真央選手はそもそも年齢制限に満たないのだから元々参加資格がない。それをマスコミがやたらと「勿体ない」「特例を」と持ち上げるから世論が騒ぐのです。マスコミの報道姿勢については安藤美姫選手に対しても同じ。やたらと彼女たちフィギュアスケーターをアイドルにしすぎるところがあります。コレに関しては連盟が窓口となってしっかり管理するべきではないでしょうか?
安藤選手の発言はストレート過ぎて誤解を招く事が多々あるようです。
今回のトリノが彼女を大きく成長させること、願っております

投稿: ましろ | 2006年2月26日 (日曜日) 01時40分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: WEB BBSなどの安藤美姫選手への批判について:

» ~JET!!!~トリノ五輪女子フィギュアスケート [ましろの『本日ハ晴天ナリ』]
朝の5時に目覚ましかけてちゃんとライブで観てましたよ…安藤美姫の演技だけ(^^; [続きを読む]

受信: 2006年2月26日 (日曜日) 01時33分

« 荒川選手おめでとう | トップページ | 球春到来 »